【7型Android】FMラジオ対応 3,000円OFFクーポン Winnovo T7pro進化版

更新情報:
クーポンは2,000円OFFに変わりましたが、本体価格が下がって7,000円割れの税込6,588円になっています。

本体価格:税込6,588円(クーポン適用価格)/送料無料


FMラジオチューナー搭載の激安7型Androidタブレットが3,000円OFFクーポンで8,000円割れです。クーポンは予告なく終了します。

基本スペックは、7型(1024×600)、Android 9.0、MediaTek MT8163、メモリ2GB、ストレージ32GB、重量約249g、バッテリー2,800mAhになります。

中華Padはコロコロ仕様が変わりるので分かりにくいですが、今度の機種は進化版2020ということでFMラジオチューナー搭載が一番の変更点ではないでしょうか。

刺さる人には、嬉しい機能だと思いますので、興味があればクーポンがあるうちにどうぞ。

ラジオチューナー搭載つながりで、以前紹介したFFF-TAB7がありますが、これとスペックがほぼ同じなので、中身同じじゃないのかという気もしますが、そっちは結構売れてるようなので、比較されてみてはいかがでしょうか。発売された今機種と違い、口コミも多いです。

»7インチWinnovo T7pro 進化版

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

注目 Amazonパソコン・周辺機器 タイムセール情報

【7型Android】4,000円OFFクーポン Winnovo T7pro

小さめ7型Androidタブレットが4,000円OFFクーポンで7,000円割れです。クーポンは予告なく終了します。

本体価格:税込6,880円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、7型(1024×600)、Android 9.0、MediaTek MT8163、メモリ2GB、ストレージ32GB、重量約249g、バッテリー2,800mAhになります。

安いですがストレージは32GB搭載です。約7,000円で多くを求めるタブレットではないと思いますが、解像度が1024×600というの個人的には気になる点です。

特にこだわりがなければ、タブレットで必ずしもフルHD液晶は必要ないと思いますが、1280×800あればもっと良かったと思います。小さいサイズなので妥協できる方にはお勧めです。

販売登録されたばかりで口コミがありませんので、同メーカーの8型Winnovo T810型Winnovo T10あたりの口コミを参考にどうぞ。

»7型 Winnovo T7pro

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【8型&10.1型Android】4,000円OFFクーポン Winnovo T8、T10タブレット

Winnovoの10.1型Androidタブレット T10と8型タブレットT8で、それぞれ4,000円OFFクーポンが出ています。クーポンは予告なく終了します。

本体価格(8型):税込8,880円(クーポン適用価格)/送料無料
本体価格(10.1型):税込11,880円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、8型(1280x 800)、Android 9.0、MediaTek MT8163、メモリ2GB、ストレージ32GB、重量約322g、バッテリー4,000mAhになります。

解像度やCPUなどは、それほど高いはわけではありませんが、8型がメモリ2GB/ストレージ32GB、10.1型がメモリ3GB/ストレージ32GBで、1万円前後の価格としては十分お買い得です。

クーポン価格ならお勧めになりますので、無くならない内にどうぞ。

»Winnovo T8タブレット
»Winnovo T10タブレット

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

  │  HOME  │  

  • ワンポイント

    主にWindowsタブとAndroidタブを紹介していますが、OSの違いにより、実際に使えるストレージ容量、OS自体の重さなどが違いますので、単純に価格とスペックで比較できるものではありません。何より出来ることが違いますので、漫然と特価品を探す前に、どのOSを選択するかを決めてから探すことをお勧めします。
    また、価格は8型より10型の方が高くなります。スマホと違って、サイズによってはっきりと傾向があります。

  • 最近のタブレット事情

    ※あくまで個人の感想です。
    Windowsタブレットは、Androidタブレット、iPad勢力に押されて一部のビジネスでも利用できるような高付加価値タイプ以外は衰退、撤退。格安Windowsタブレットが流行ったのは、OSがWindows 8搭載あたりなので、もう随分昔になります。
    Androidタブレットは、スマホの大型化の流れで7-8インチあたりの存在意義があやふやになり、一人頑張っていたファーウェイは米国との貿易問題で頓挫。
    低価格帯はサイズで差別化できる10インチあたりのAndroidタブレットと価格的に安い中華系タブレットに絞られそうです。