【7.0型Android】3,000円OFFクーポン 激安タブ HAOQIN H7 Pro

激安7型Androidタブレットが3,000円OFFクーポンで5,388円です。クーポンは予告なく終了します。

本体価格:税込5,388円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、7型(1024×600)、Android 9.0、Rockchip 3326、メモリ1GB、ストレージ32GB、重量約249g、バッテリー2,800mAhになります。

ストレージが32GBなのは良いですが、メモリが1GBです。今どき1GBという感じは拭えませんが、約5,000円なのでライトに使いたい方は検討されてみてはいかがでしょうか。

オレンジ、ブラックから選択できます。

»7インチHAOQIN H7 Pro

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

注目 Amazonパソコン・周辺機器 タイムセール情報

【8.0型Android】4,000円OFFクーポン 激安HAOQIN H8 Pro

激安8型Androidタブレットに4,000円OFFクーポンが使えて1万円割れです。クーポンは予告なく終了します。

本体価格:税込7,388円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、8型(1200×800)、Android 9.0、Rockchip 3326、メモリ2GB、ストレージ32GB、重量約322g、バッテリー4,000mAhになります。

ついこの前まで、HAOQIN H8タブレットがクーポンで安くなっていましたが、この機種はH8 Proとなり、ストレージが16GBから32GBへ容量アップしています。

価格も少し高くなっていますが、それでも安いので、長く使うなら32GBの方がお得ではないでしょうか。

オレンジ、グレー、ブルーの3色から選択できます。

»HAOQIN H8 Proタブレット

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【10型Android】4,000円OFFクーポン 激安HAOQIN H10タブレット

更新情報:
この低価格帯から、まさかの割引額アップで4,500円OFFになっています。


4,000円OFFクーポンで10型Androidタブレットが1万円割れです。クーポンは予告なく終了します。

本体価格:税込8,080円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、10型(1200×800)、Android 9.0、Rockchip 3326、メモリ2GB、ストレージ32GB、重量約558g、バッテリー6,000mAhになります。

ストレージも32GBまであって1万円割れです。

本体と同時に専用ケースを購入すると50%OFFになるキャンペーンも同時実施中です。タブレットスタンドにもなる専用ケースが約1,100円で手に入ります。

前記事で8型を紹介していましたが、価格が上がってしまいましたので、こちらの機種も価格が変わらない内にどうぞ。

»HAOQIN 10インチタブレット

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【8.0型Android】4,000円OFFクーポン 激安HAOQIN H8タブレット

1万円割れの激安8型Androidタブレットに4,000円OFFクーポンが使えて6,000円割れです。クーポンは予告なく終了します。

本体価格:税込5,888円(クーポン適用価格)/送料無料

基本スペックは、8型(1200×800)、Android 9.0、Rockchip 3326、メモリ2GB、ストレージ16GB、重量約322g、バッテリー4,000mAhになります。

とにかく安いので、特にこだわりがない方はどうぞ。口コミもまずまず良さそうです。

画像のオレンジカラーに加えて、グレーもクーポン対象です。

»HAOQIN H8タブレット

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

  │  HOME  │  

  • ワンポイント

    主にWindowsタブとAndroidタブを紹介していますが、OSの違いにより、実際に使えるストレージ容量、OS自体の重さなどが違いますので、単純に価格とスペックで比較できるものではありません。何より出来ることが違いますので、漫然と特価品を探す前に、どのOSを選択するかを決めてから探すことをお勧めします。
    また、価格は8型より10型の方が高くなります。スマホと違って、サイズによってはっきりと傾向があります。

  • 最近のタブレット事情

    ※あくまで個人の感想です。
    Windowsタブレットは、Androidタブレット、iPad勢力に押されて一部のビジネスでも利用できるような高付加価値タイプ以外は衰退、撤退。格安Windowsタブレットが流行ったのは、OSがWindows 8搭載あたりなので、もう随分昔になります。
    Androidタブレットは、スマホの大型化の流れで7-8インチあたりの存在意義があやふやになり、一人頑張っていたファーウェイは米国との貿易問題で頓挫。
    低価格帯はサイズで差別化できる10インチあたりのAndroidタブレットと価格的に安い中華系タブレットに絞られそうです。