【12型Chromebook】週末セールHP Chromebook x360 12b-ca0014TU コンフォートモデル

更新情報:
先週に引き続き2,000円値下げで再登場です。最初の週末セール登場時より6,000円下がってます。コンパクト12型ならお勧めです。

本体価格:38,000円(税込41,800円)/送料無料
タイムセール期間:2021年2月28日まで


液晶が360度回転するコンバーチブルタイプ2 in 1の12型Chromebookが週末セールに登場中です。

基本スペックは、12型(IPS 1366×912)、Chrome OS、Pentium N5030、メモリ4GB、ストレージ64GB、重量約1.35kg、バッテリー時間約11時間になります。

もちろんタッチパネル対応、タブレットモードでも利用できます。

12型のコンパクトモバイルで、使い勝手は高いのではないでしょうか。

»HP 週末限定セール
icon
»HP Chromebook x360 12b 製品詳細
icon

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

注目 Amazonパソコン・周辺機器 タイムセール情報

【10.1型Android】タイムセール祭り VANKYO S30ほか

タイムセール祭りでVANKYO 10.1型AndroidタブレットS30やS21、S20など、VANKYOアイテムがお買い得です。

本体価格(S30):税込15,999円/送料無料
タイムセール期間:2021年2月1日23:59まで(台数限定)

基本スペックは、10.1型(1920×1200)、Android 9.0、Ocata-Core Cortex A55、メモリ3GB、ストレージ32GB、重量約580g、バッテリー6,000mAhになります。

S30は安いVANKYOの中では上位モデルで、売れ筋モデルになります。10インチタブとしてはコストパフォマンスの高いモデルです。

»VANKYOのタブレットやドローンなどお買い得SALE

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【14型Chromebook】週末セールCore i3搭載14型 HP x360 14-da0008TUスーペリアモデル

更新情報;
週末セール再登場です

タイムセール期間:2021年1月31日まで


Core i3-8130U搭載の14型Chromebookが週末セールでお買い得です。液晶が360度回転するコンバーチブルタイプ2 in 1になります。

本体価格:45,000円(税込49,500円)/送料無料

基本スペックは、14型(IPS 1920×1080)、Chrome OS、Core i3-8130U、メモリ8GB、ストレージ64GB、重量約1.6kg、バッテリー時間約13.5時間になります。

上のクラスのChromebookをお探しならどうぞ。

これ以外にも週末セールにクロームブック6モデルが特価販売中です。

»HP 週末限定セール
icon
»HP Chromebook x360 14 製品詳細icon

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【12型Chromebook】ゲリラ福袋 HP Chromebook x360 1W4Z4PA-AAAB

更新情報:
1月9日20:00から楽天お買い物マラソン、キャンペーンエントリーでポイント7倍、39ショップ限定ポイント2倍が始まります。合計ポイント10倍以上も狙えます。
※前回開催の10%OFFクーポンは終了しています。

本体価格:税込39,500円/送料無料
タイムセール期間:2021年1月16日AM1:59まで(台数限定)


中身が全部見えてる福袋がHPから販売中です。液晶が360度回転するコンバーチブルタイプ2 in 1の12型Chromebookになります。

基本スペックは、12型(IPS 1366×912)、Chrome OS、Pentium N5030、メモリ4GB、ストレージ64GB、重量約1.35kg、バッテリー時間約11時間になります。

本体価格39,500円に対して、期間限定10%OFFクーポンが利用できます。39,500円の時点で既に安くなっていますので、更に10%OFFで非常にお買い得です。

台数不明、ゲリラセール的に販売開始していますので無くなる前にどうぞ。

»ゲリラ福袋 HP Chromebook x360 1W4Z4PA-AAAB

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【12型Chromebook】4万円割れHP Chromebook x360 12b-ca0014 1W4Z4PA-AAAA

液晶が360度回転するコンバーチブルタイプ2 in 1の12型Chromebookがクーポンで9,980円引き、簡単なアンケートに答えて更に5,000円引きになります。

本体価格:税込39,800円(クーポン適用価格)/送料無料
クーポン有効期限:2020年10月31日まで(台数限定)

基本スペックは、12型(IPS 1366×912)、Chrome OS、Pentium N5030、メモリ4GB、ストレージ64GB、重量約1.35kg、バッテリー時間約11時間になります。

この仕様で4万円割れはお買い得です。

最近はやっと日本でもChromebookが売れ出したようで、価格競争が出てきているような気がします。売れないとそもそも作りませんので、売れるほうが安くなります。

Androidタブレットはイマイチな状況が続いていますので、Chromebookで探してみるの良いのではないでしょうか。

»クーポン割りHP Chromebook x360 12b-ca0014 1W4Z4PA-AAAA

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【Chromebook】プライムデー先行セール HP Chromebook x360 12b、14aほか

液晶が360度回転するコンバーチブルタイプ2 in 1のHP 12型Chromebook 12b、タッチパネル対応14型Chromebook 14aなど、HPのPCと周辺機器がプライムデーの先行セールで特価販売中です。

タイムセール期間:2020年10月14日まで(台数限定)

クロームブックの他には、WindowsノートPC、デスクトップPC、液晶モニター、プリンターなど、18アイテムのHP製品が先行セール中です。

プライムデーセールはプライム会員限定になりますので、そうでない方は無料体験(30日)か、月額500円が必要になります。500円なので今回のセールと合わせてもすぐに元が取れるのではないでしょうか。
年に一度のビックセール プライムデー(10月13日、14日開催)

»先行セール HPのパソコンと周辺機器

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

【11.6型Windows】タイムセール 2in1 ALLDOCUBE Knote5

更新情報:
真夜中早朝にタイムセール再登場です。今回は2,000円OFFクーポンも併用できてお得です。クーポンはタイムセール期間内でも予告なく終了する場合があります。

本体価格:税込22,565円(クーポン適用価格)/送料無料
タイムセール期間:2020年9月24日AM8:40まで(台数限定)


11.6型のWindows 2 in 1 タブレット(キーボード付き)がタイムセールでお買い得です。専用キーボードが付いて約2.5万円になります。

基本スペックは、10.1型(1920×1080)、Windows 10、Celeron N4000、メモリ4GB、128GB SSD、バッテリー4,000Ah、重量約750gになります。

ストレージが128GBまであるのが目を引くポイントです。IPSフルHD液晶、メモリ4GBなども合わせて、この手のセパレートタイプ2 in 1としてはかなりお安くなっています。

タブレットとしては、ちょっと大きめ11.6型でストレージ容量も多いので、ノートスタイルで使う場合が多い方にはお薦めです。

ブランドを気にしない方はどうぞ。

»11.6型 2in1 ALLDOCUBE Knote5

※特価情報になります。価格は変更されることがありますので、最新価格はリンク先でご確認下さい。

« 次の記事  │  HOME  │  

  • ワンポイント

    主にWindowsタブとAndroidタブを紹介していますが、OSの違いにより、実際に使えるストレージ容量、OS自体の重さなどが違いますので、単純に価格とスペックで比較できるものではありません。何より出来ることが違いますので、漫然と特価品を探す前に、どのOSを選択するかを決めてから探すことをお勧めします。 また、価格は8型より10型の方が高くなります。スマホと違って、サイズによってはっきりと傾向があります。
  • 最近のタブレット事情

    ※あくまで個人の感想です。
    Windowsタブレットは、Androidタブレット、iPad勢力に押されて一部のビジネスでも利用できるような高付加価値タイプ以外は衰退、撤退。格安Windowsタブレットが流行ったのは、OSがWindows 8搭載あたりなので、もう随分昔になります。
    Androidタブレットは、スマホの大型化の流れで7-8インチあたりの存在意義があやふやになり、一人頑張っていたファーウェイは米国との貿易問題で頓挫。
    低価格帯はサイズで差別化できる10インチあたりのAndroidタブレットと価格的に安い中華系タブレットに絞られそうです。