スライド式Eee Pad Slider SL101

キーボードが現れるスライド式のタブレットPCです。キーボードが欲しい人には、このタイプがオススメです。

タブレット型PCには、コンバーチブルタイプ(回転式)や外付けでキーボードを付けることもできますが、コンバーチブルタイプは厚みがあり、外付けは別途キーボードを持参しなくてはならいないので、ある程度キーボードの使用頻度が高い人は、薄くて軽い一体型のスライド式が便利ということになります。

Eee Pad Slider SL101は、Android 3.1、メモリ1GB、前面120万画素カメラ、背面500万画素カメラ、GPS、USB、カードリーダー登載になります。気になるバッテリー駆動時間は、約8時間です。

この機種を選ぶかどうかは、キーボードの使用頻度ではないでしょうか。

»ASUS Eee Pad Slider SL101

注目Amazonパソコン周辺機器 タイムセール・キャンペーン情報

スライド式富士通 LIFEBOOK TH40/D

2011年夏モデルとして発表され、6月下旬の発売予定から延期されていましたが、7月22日から購入可能な状態になりました。

液晶部分の10.1型ワイドタッチパネルは、スライド式になっていますので、通常はタブレットPCとして、スライドさせればノートPCとして利用できます。

OSはWindows7を採用していますので、周辺機器やPCソフトも問題なく利用できます。Bluetooth、SDカードスロット、USB2.0×2、HDMI出力端子内蔵です。

バッテリー駆動時間も約6時間と長めになっていますので、Windowsでノートパソコンとしても利用したい人にはオススメです。

コンパクトノートPCとしては面白い商品ではないでしょうか。
»富士通 LIFEBOOK TH40/D アイスシルバー

  │  HOME  │  

  • 激安Windows 2in1 PC

  • キーワードで表示

  • ワンポイント

    主にWindowsタブとAndroidタブを紹介していますが、OSの違いにより、実際に使えるストレージ容量、OS自体の重さなどが違いますので、単純に価格とスペックで比較できるものではありません。何より出来ることが違いますので、漫然と特価品を探す前に、どのOSを選択するかを決めてから探すことをお勧めします。
  • 最近のタブレット事情

    ※あくまで個人の感想です。
    Windowsタブレットは、Androidタブレット、iPad勢力に押されて一部のビジネスでも利用できるような高付加価値タイプ以外は衰退、撤退。Androidタブレットは、スマホの大型化の流れで7-8インチあたりの存在意義があやふやに。低価格帯は、サイズで差別化できる10インチあたりのAndroidタブレットと価格的に安い中華系タブレットに絞られそうです。